茅の輪

只今、神門に茅の輪をご準備致しております。
日本人は古来より
この茅の輪をくぐって
疫病退散の祈願を込めて参りました。
茅の輪をくぐると同時に
梅雨時から夏にかけて身体の変調を
来さぬよう注意しようという意味です。
茅には毒消しの効能があるとも言われています。

  

水無月大祓式~茅の輪くぐり神事~
令和3年6月30日(水)16時より 佐嘉神社境内にて斎行

人形

本日より大祓式にあわせて

佐嘉神社境内に人形を準備いたしております。

人形は大祓式の際にお祓いを致しますので

ご記入いただきましたら

人形を納め箱にお納めください。

※初穂料はお気持ちをお納めください。

 

水無月大祓式 令和3年6月30日(水)午後4時 佐嘉神社境内にて斎行

 

大祓式とは
1年間に2度斎行される神事で人々が半年の間に知らず知らずに
犯している罪穢れを祓い清らかな心身に返り
後の半年を無事に過ごしていただくための神事です。
又、自らの罪穢れを身代わりである人形に託し茅の輪をくぐり
無病息災、疫病退散と夏を無事に乗り切るよう祈念いたします。

茅の輪守

本日より水無月大祓式にあわせて

茅の輪守を授与いたしております。

茅の輪守(大) 初穂料500円

茅の輪守(小) 初穂料300円

1 2 3 19